三渓園

三渓園(さんけいえん)は、横浜市中区 (横浜市) 中区本牧三之谷にある庭園で、敷地面積は1,75km²。実業家で茶人の原富太郎(号:三渓、1868-1939年)によって作られた。
原富太郎は岐阜県出身の実業家で、横浜の原商店に養子として入り、生糸貿易で財を成した。原は事業のかたわら仏画、茶道具などの古美術に関心を持って収集した。平安時代仏画の代表作である「孔雀明王像」(国宝、東京国立博物館蔵)をはじめ、国宝級の美術品を多数所蔵し、日本の美術コレクターとしては、益田孝(鈍翁)と並び称される存在であった。彼は古美術品のみならず室町時代の旧燈明寺三重塔をはじめとする京都ほか各地の古建築を購入して移築、庭園も含めて整備を進めていった。1906年(明治39年)5月1日に市民に公開し、その後も建造物の移築は続けられた。

WIKIPEDIAより抜粋)

三渓園出入口

三渓園出入口(さんけいえんでいりぐち)は、神奈川県横浜市中区 (横浜市) 中区本牧にある首都高速道路首都高速道路湾岸線 湾岸線のインターチェンジである。
国道357号
三渓園
本牧市民公園
本牧臨海公園
:(B07)本牧ふ頭出入口 - (B06)三渓園出入口 - (B05)磯子出入口
日本のインターチェンジ一覧
首都高速道路のランプ さんけいえん

WIKIPEDIAより抜粋)

三渓園 記念イベント

三渓園 記念イベントに関する質問

三渓園 記念イベント"
デート、横浜ならどこに行きますか?
デート、横浜ならどこに行きますか?

デート、横浜ならどこに行きますか?の詳細"


横浜・三渓園, シューベルト 死と乙女 第1楽章 (1)



三渓園




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。